Close
ニュースNews
2020.04.13 [更新/お知らせ]
【訃報】大林宣彦監督

大林宣彦監督が、2020年4月10日に他界しました。82歳でした。
 
大林監督は東京国際映画祭にも多くの作品を出品、2019年の第32回TIFFでは特別功労賞を受賞されました。
大林宣彦監督

©2019 TIFF
『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の上映時の授与式でトロフィーを掲げる大林監督

 
2019年の第32回TIFFのJapan Now部門では「映像の魔術師 大林宣彦」と題した特集上映を行い、
海辺の映画館-キネマの玉手箱』『花筐/HANAGATAMI』『異人たちとの夏』『野ゆき山ゆき海べゆき』『さびしんぼう』を、
さらに過去には、
第1回(1985)TIFF 日本映画の昨日と今日『転校生
第3回(1989)TIFF NIPPON CINEMA NOW『異人たちとの夏
第4回(1990)TIFF NIPPON CINEMA NOW『ふたり
第5回(1991)TIFF NIPPON CINEMA NOW『はるか、ノスタルジィ
第10回(1997)TIFF 特別招待作品『風の歌が聴きたい
第17回(2004)TIFF 日本映画・ある視点『理由
第19回(2006)TIFF 特別招待作品『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語
第21回(2008)TIFF 日本映画・ある視点『その日のまえに
第30回(2017)TIFF Japan Now『花筐 HANAGATAMI
を上映をしました。
※上映時を含めた関連記事・動画を下記にまとめましたので、大林監督からのお言葉、出演者の皆様からの監督への愛に溢れたコメントをぜひお読みください。
 
大林宣彦監督のご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表しますとともに、心からお悔やみを申し上げます。
東京国際映画祭事務局
 
※関連ニュース
2019.10.31 大林宣彦監督、最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』で貫く反戦「未来は変えられるかもしれない」
2019.11.01 大林宣彦監督「これから3000年生きる」と力強くアピール 東京国際映画祭の特別功労賞に輝く
2019.11.03 『野ゆき山ゆき海べゆき』プロデューサーが登壇し撮影を述懐
2019.11.03 富田靖子、大林宣彦監督作『さびしんぼう』を黒澤 明監督が感動していたと知り大興奮
2019.11.04 常盤貴子が語る、大林宣彦作品への愛と撮影現場
2019.11.04 秋吉久美子、大林監督作『異人たちとの夏』の泣きどころは「前掛けを振るシーン」
2019.11.01 大林宣彦監督は全身全霊で映画作家!犬童一心&高橋栄樹両監督が撮影秘話を明かす
2017.10.28 大林宣彦監督の“マドンナ” 常盤貴子「なんてやんちゃで自由な監督なんだろう!」
 
※関連動画
2019.11.01 『海辺の映画館―キネマの玉手箱』舞台挨拶

 
2017.10.25 『花筐/HANAGATAMI』オープニング・レッドカーペットイベント

 
2017.10.06 TIFF第30回に寄せて祝福コメント