Close
ニュースNews
プレスPress
2019.12.12 [更新/お知らせ]
2020年2月1日(土)『武術の孤児』上映&ホアン・ホアン監督(第31回TIFF アジアの未来部門 国際交流基金アジアセンター特別賞受賞)トーク

第31回(2018)東京国際映画祭にて、国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞されたホアン・ホアン監督の来日が決定、『武術の孤児』(第31回TIFF アジアの未来部門出品作品)を上映し、監督とトークを行います。
ホアン・ホアン監督とのトークでは、石坂健治 東京国際映画祭プログラミング・ディレクターが登壇します。
ホアンホアン監督来日

TIFF来日時のホアン・ホアン監督
©2018 TIFF

 
日時:2020年2月1日(土曜日)15時~(14:30開場)
15時から『武術の孤児』上映、17:10頃からトーク開始予定
会場:アテネ・フランセ文化センター(最寄り駅:お茶の水・水道橋)
東京都千代田区神田駿河台2-11 アテネ・フランセ 4階
→アクセス
入場無料(予約不要)定員130名(先着順)
主催:国際交流基金アジアセンター/協力:東京国際映画祭
 
イベント詳細は→コチラ
 
第31回東京国際映画祭 アジアの未来部門出品作品
武術の孤児
Wushu Orphan [武林孤儿]
ホアンホアン監督来日

©Dadi Century (Beijing) Co.,Ltd.

監督:ホアン・ホアン
キャスト:ジン・ジンチェン、ホウ・ユンシャオ、リウ・ジーハン
第31回TIFF『武術の孤児』関連ニュースは⇒コチラ

新着ニュース