Taiwanese Cinema Renaissance 2020 台湾電影ルネッサンス2020 共催:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター

台湾電影ルネッサンス2020

お待たせしました!3年ぶりの「台湾電影ルネッサンス」をお届けします。
今年は台湾映画の当たり年。7月には台北映画祭が劇場で開催され、11月の台北金馬映画祭もリアルに行われる予定のなか、次々と注目作が登場。その一端をいち早く紹介します。
いまやアジアを代表する女優といえるグイ・ルンメイ主演『足を探して』、 台南に生きる母と3人娘のファミリードラマ『弱くて強い女たち』、芸術作品の作家と作品の関係を問う『悪の絵』、そして多様なカップルを見つめた『愛で家族に~同性婚への道のり』。台湾社会の"いま"を見つめた4作品をお楽しみください。作品ゲストとのオンライン・トークも可能な限り行う予定です。
石坂健治(東京国際映画祭シニア・プログラマー)
足を探して
[腿]
A Leg
  • ヒューマンドラマ
  • コメディ
  • ラブストーリー
 
敗血症の夫は足の切断手術もむなしく還らぬ人に。妻は行方不明の足を探すが…。 新人監督チャン・ヤオシェンは、『ひとつの太陽』(TIFF2019出品)で脚本を担当した逸材で、小説家としても活躍。

115分 カラー 北京語、台湾語  日本語・英語字幕 2020年

A Leg
©Creamfilm Production
  

作品解説

ダンスの名手チェン・ユーインは、夫のジェン・ズーハンが敗血症だと告げられる。足を切断すれば助かる可能性があると言われ手術に踏み切るが、その甲斐なくズーハンは還らぬ人に。ユーインは切断された夫の足を取り戻してから埋葬したいと担当医に掛け合うが、様々な手違いで足は行方不明になってしまう。足探しと並行して、生前の夫とユーハンのすれ違いの生活が描かれていく。果たして足は見つかるのか⁉   
深刻さとブラックユーモアが同居する、今年の台湾金馬映画祭オープニング作品。新人監督チャン・ヤオシェンは、チョン・モンホン監督『ひとつの太陽』(TIFF2019出品)で脚本を担当した逸材で、小説家としても活躍している。主演のグイ・ルンメイは、『幸福路のチー』(17/声の出演)や『鵞鳥湖の夜』(19)など、幅広いジャンルで活躍が続いている。
 

監督

チャン・ヤオシェン  [張耀升]

chang Yao-sheng

1975年台湾、南投県に生まれる。小説家として活動し、台湾で数多くの文学賞を受賞。 脚本を担当した映画『ひとつの太陽』(TIFF2019出品)は2019年金馬奨最優秀脚本賞にノミネートされた。自身の両親の実話をモチーフにした本作で長編監督デビューを果たした。

スタッフ

プロデューサー/脚:チョン・モンホン/ 製作:ツェン・シャオチェン、トン・チェンユー、イェ・ルーフェン/撮影監督:中島長雄/音響:トゥ・ドゥーチー、ウー・シューヤオ/編集:ライ・シウシュン/音楽:ルー・ルーミン

キャスト

グイ・ルンメイ Gwei Lun-mei
トニー・ヤン
Yang Yo

弱くて強い女たち
[孤味]
Little Big Women 
  • ヒューマンドラマ
 
台南の屋台で鍋を振って3人の娘を育て上げた秀英の70歳の誕生祝いの宴席に、音信不通の夫が病院で息を引き取ったとの知らせが届く。シュー・チェンチェ監督の絶賛デビュー作。

123分カラー北京語、台湾語日本語・英語字幕2020年

Little Big Women
©2020 Each Other Films All Rights Reserved
  

作品解説

グルメタウンとして知られる台南。屋台を切り盛りして3人の娘を育て上げたリン・シウインの70歳の誕生日の祝宴が盛大に催されている最中、家を出たまま永らく音信不通になっている夫が、台南の病院で息を引き取ったとの知らせが届く。葬儀の準備を進める彼女の前に見知らぬ女性が現れる。夫は愛人と暮らしていたのだった…。  
シュー・チェンチェ監督はニューヨーク大学に学んだ新鋭で、自身の祖母をモデルにした同名の短編作品を発展させて本作に取り組み、長編デビュー作となった。シウイン役のチェン・シューファンは、ホウ・シャオシェン監督作品などで知られる名女優だが、台南の細腕繁盛記といった趣きの本作で貫禄の存在感を見せている。次女役で出演のビビアン・スーは、エグゼクティブ・プロデューサーも務め、エンドロールの主題歌で歌声を披露している。ほかにも個性豊かな女優陣が揃い、大きな見どころとなっている。

監督

シュー・チェンチエ [許承傑]

Joseph Chen-chieh Hsu

台湾で生まれ育つ。これまで韓国、日本、ネパール、台北で20以上の短編映画の制作に参加。自身の短編監督作“Reunion”が2013年の第1回台湾短編映画祭金賞に輝いた。“The Lobster Kid”(15)はニューヨーク大学からポストプロダクション助成を受け、ロサンゼルス・パンパシフィック映画祭にて最優秀短編賞を獲得した。
許承傑

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー:リャオ・チンソン/エグゼクティブ・プロデューサー:ヴィヴィアン・スー/プロデューサー:ジャクリーン・リウ/プロデューサー:チェン・ユージャ/脚本:マヤ・ホァン/撮影監督:ジョン・カン/美術:チェン・インダー/衣装:ゾーイ・スー、エマ・リン

キャスト

チェン・シューファン
ビビアン・スー
シエ・インシュエン

悪の絵
[惡之畫]
The Painting of Evil 
  • ヒューマンドラマ
  • サスペンス
服役中の殺人犯の絵に魅了された画家がそれを世に出そうと奔走するが…。作家と作品は切り離せるのかという難問に挑んだ新人監督の意欲作。『トレーシー』(TIFF2018出品)でゲイの恋人役を好演したリバー・ホァンが出演。

82分 カラー 北京語 日本語・英語字幕 2020年

A Leg
        ©Positivity Films Ltd. & Outland Film Production
  

作品解説

服役中の受刑者に絵画の指導をする吃音者の画家シュー・バイチンは、若い死刑囚チョウ・チェンティンの描く絵の素晴らしさに魅了され、それを世に出そうとして展覧会の開催に奔走する。やがてチェンティンが猟奇的な無差別殺人の犯人だったことを知る。被害者の遺族やチェンティンの家族と接して自分の行動への迷いが生じるが、絵の魔力に取りつかれた画家としての自分を否定することもできない…。  
芸術作品の価値はその作者を取り巻く背景から自立して存在しうるのか、という難題をテーマに据えた、新人監督チェン・ヨンチーの意欲作。香港映画『トレーシー』(TIFF2018出品)でゲイの恋人役を好演したリバー・ホァンがチェンティンに扮し、笑顔の奥に狂気を秘めた死刑囚という役どころを好演している。

監督

チェン・ヨンチー  [陳永錤]

Chen Yung-chi

台湾出身の映画監督、脚本家。長年、テレビCMプロデューサーとして活動後、オリジナル作品の執筆、監督を始める。台湾の都市の風景を通して、自身の思いを反映した4本の短編作品を発表。香港国際映画祭、東京国際短編映画祭、プチョン国際ファンタスティック映画祭に入選した。
陳永錤

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー・プロデューサー:リン・シーカン/監督・脚本:チェン・ヨンチー/撮影監督:チェン・チ―ウェン/美術:リー・ティエンジュエ/編集:チャン・ヘンルー/キャスティング・ディレクター:フー・ナイティン/音楽:トマ・フォゲンヌ/録音:リン・シャンポー/衣装:ソン・クワンイー/録音:ジーン・ホァン

キャスト

イーストン・ドン
リバー・ホァン
エスター・リウ

愛で家族に〜同性婚への道のり
[同愛一家]
Taiwan Equals Love 
  • ドキュメンタリー
 
2019年5月、台湾では特別法の成立により、アジアで初めて同性婚が合法的に認められるに至った。3組のカップルに焦点を当ててそれまでの道のりと現在の問題を考える、話題のドキュメンタリー。

85分 カラー 北京語、英語 日本語・英語・台湾語字幕 2020年

Taiwan Equals Love
©Portico Media Co., Ltd.
  

作品解説

2019年5月17日、台湾で同性婚の権利を保証する特別法が可決され、アジアで初めて同性婚が合法的に認められた。ここまでの道のりを3組の同性カップルの姿を通して描いたドキュメンタリー。①ジョヴィとミンディは女性同士のカップルで、ジョヴィの娘を一緒に育てている。②ホーとワンは30年を越える長い付き合いの高齢カップルだが、最近ホーにアルツハイマーの症状が出るなど老いと病が心配だ。③マカオから故郷の台湾に戻って起業したアグーとシンチーの若い男性カップルは経済的な問題を抱えている…。  
特別法可決までの紆余曲折、反LGBTQを掲げる勢力からの圧力、登場人物が個別に抱える家庭問題など、幅広い取材を通して同性婚の等身大の姿と台湾社会の現実が浮かび上がってくる。

監督

ソフィア・イェン [顏卲璇]

Sophia Yen

1978年台北生まれの映画監督、脚本家、プロデューサー。長年、ドキュメンタリー映画の現場で活動してきた。初長編ドキュメンタリーである本作では、台湾の同性婚合法化に向けた流れのなかでLGBTQ+カップルの家族、結婚、人間関係の問題に取り組んだ。
顏卲璇

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー :ジェイ・リン/ プロデューサー:イヴェット・チョウ/プロデューサー:ティファニー・ツァイ/クリエイティブ・コンサルタント:S・レオ・チャン

キャスト

ウー・シャオチャオ(ジョヴィ)
チウ・ミンジュン(ミンディ)
ワン・ティエンミン


  • 対象のアジア映画を観て、プレゼントを当てよう!豪華賞品の当たるキャンペーン
  • この秋開催の第33回東京国際映画祭!上映作品チケットプレゼント FILMAGA(フィルマガ)
  • 乗って当てよう!プレゼントキャンペーン 第33回東京国際映画祭x都営地下鉄・都バス
プレミアムスポンサー